日田玖珠地域産業振興センター

匠の業

衣、食、住・・・自然の恵みをいかし、熟練した技と心で作られる日田・玖珠の特産品は、地場産業に携わる企業や、伝統を守り続けてきた匠達の手業の結晶とも言えます。

協同組合 日田家具工業会

大分県日田市は、明治後半から周辺地域の豊富な森林資源を活用して漆器などの工芸品生産が行われ、ロクロ技術など木工品の製造技術が発展してきました。
家具生産の起点は、従来よりあった製造技術を基盤として太平洋戦争後、食堂用の丸椅子と地元の雑木を使って飯台(食事の台)等の生産をしたのが始まりです。
その後、生活様式の洋風化に伴いリビングセットやダイニングセット等の脚物家具を主として生産され産地が形成されました。
現在では、脚物は大分県日田市、箱物(タンス等)は福岡県の大川市というように全国的にも珍しい家具生産の一大集積地となっています。
協同組合 日田家具工業会

天領日田下駄

天領ひた下駄
徳川幕府直轄地「天領」の時代から作られる「日田下駄」
昔ながらの下駄をおしゃれに活かしたり

天領日田下駄

ひた生活領事館

ひた生活領事館は、福岡を中心に「日田のことを知っていただき、好きになっていただき、ファンになっていただく」ことを目的に日田市の観光、イベントから特産品の情報発信や、ふるさと納税、移住情報の提供、交流拠点としての事業を展開する、日田市のアンテナショップ兼日田事務所です。
ひた生活領事館